電報文例@電報文例集サイト > 結婚 電報文例

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚 電報文例

結婚式に送る言葉

ここでは、結婚式に送る電報文例を紹介しています。人生の門出に素敵な電報を送ってあげて下さい。

【結婚式電報文例

☆これからお二人は新しい生活を始められるわけですが、いろいろと困難なことにも出遭うことと思います。しかし、「負いかたひとつで、重荷も軽い」と言います。どのような困難も二人で幸せをつかむための試練だと思えば、きっと気持ちが楽になるでしょう。

☆ご結婚おめでとう。どんな宝石の輝きも、今日のお二人の笑顔にはかなわないでしょう。いつまでもお幸せに。

☆ご結婚おめでとうございます。晴れ姿を見たかったのですが、残念ながら出席できません。溢れるほどの祝福の気持ちを、電報に込めておくります。

☆わたしの好きな言葉に「ひとは愛しているかぎり許す。」というのがあります。許すというのは、相手の立場を深く思いやるということです。どうぞお二人とも、いつまでも相手を許せるような寛容さを身に付けて下さい。本日は誠におめでとうございます。

☆ご結婚おめでとう。最近急にきれいになったと思ったら、こういうワケだったんですね。お幸せに。

☆雨が降れば一つの傘で、風が吹けばともにさえぎり、雪が降ればともに温め合う、そんな二人でいてください。ご結婚おめでとうございます。

☆あなたには、いつも先を越されっ放しの私。でも許します。ステキな花嫁さんと花婿さんへ、ちょっと悔しいけれど、おめでとう。

☆ヒマワリのように、おおらかで明るいあなた。その前向きで、はつらつとしたご気性で、たとえ大波が押し寄せてきても、なんなく乗り越えていくことでしょう。幸せな航海をお祈りいたします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。