電報文例@電報文例集サイト > お悔やみ 電報文例

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悔やみ 電報文例

お悔やみの時に贈る言葉

ここでは、お悔やみ電報文例を紹介しています。良かったらこの電報文例を参考にしてみて下さい。

お悔やみ電報を送るときは、マナーに気をつけたいものです。

まず、重ね言葉はタブーです。重ね言葉というのは、不幸が重なると言われていて、お悔やみに限らず使ってはいけない文法です。

また、死ぬ・死亡・生きる・生存、などの直接的なもの、数字の「九」や「四」なども当然使用してはいけません。

お悔やみ電報文例

■突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。

■ご尊父様のご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

■悲しいお知らせに呆然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。

■あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

■ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

■ご子息様の突然の悲報に愕然といたしております。ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。謹んでお悔やみ申し上げます。

■ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。故人のご冥福を祈って手を合わせております。

■会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れになるなんて、悔しくてなりません。ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。